吹き出物の原因、改善や予防のための方法について

吹き出物ができる原因とは

吹き出物は皮脂の分泌量が少なく、乾燥して肌が硬くなり、毛穴も詰まりやすくなることが原因となることもあります。古い角質や皮脂、汚れなどが毛穴に詰まることによって吹き出物ができ、アクネ菌などの細菌が増殖して炎症を起こすことになります。慢性的なストレス状態になると、自律神経が乱れて皮脂分泌量にも乱れが生じます。悩みを抱えていると肌の調子が悪くなるという人は少なくないでしょう。

また、ダイエットや不摂生などで偏った食生活を続けることで吹き出物ができることもあります。ジャンクフードなどの簡単に済ませられる食事には脂性食品が多く含まれています。栄養バランスが悪くなり、肌の健康に欠かせないビタミンなどの栄養素が不足して吹き出物が悪化することもあります。

睡眠不足によって肌のターンオーバーが乱れることによっても、吹き出物ができることがあります。ゴールデンタイムと呼ばれる時間帯の睡眠は特に重要です。また、加齢とともに女性ホルモンの分泌が減少し、逆に男性ホルモンの分泌が高まることもあります。男性ホルモンによってひげが生えない女性は、男性ホルモンが優位な状態になると吹き出物ができやすくなります。男性ホルモン優位となる状態は、生活習慣の乱れやストレスによるホルモンバランスの乱れが原因です。